定収入が審査に通るための重要事項

カードローンの審査に通るためには絶対的な条件があります。それは、定収入があるということです。無職でもキャッシングの審査に通る可能性はゼロとは言えません。たとえば、不動産や土地を持っていて、賃貸料などが入ってくる人もいるからです。そういう人は収入を証明できる書類をカードローン会社に提出すればジャパンネット銀行のローンなども利用出来る可能性がありますが、収入がまったくない無職の人は確実に落とされるでしょう。

 

債務整理経験者は厳しい

また、過去にキャッシングをして、返済出来ずに結局債務整理をしてしまったという人も、カードを作るのはかなり難しいです。債務整理をしたということは、当事者になっている債権者以外の貸金業者も調べればわかることだからです。

 

既にいくつもの業者からお金を借りている人も、収入と借入件数のバランスが崩れているとカードを作れない可能性が高いです。たとえば、年収が500万円で、現在、カードローンを一社と契約しているという場合は多重債務状態ではなく、充分返済ができると判断されて二社目に申し込んでも審査に通る可能性がありますが、契約している会社が五社や六社ということになると、債務額にもよりますが毎月の利息分だけでもかなりになるので落ちやすくなります。