利用目的を問わず貸してくれるキャッシングについて

どうしてもお金が足りないと言うときがありますよね。そういう時に頼りになるのが利用目的を問わず貸してくれるキャッシングです。キャッシングなら何に使うお金が必要なのかなどを具体的に説明しなくても借入が出来るのでとても手軽に利用できるのが魅力です。

 

しかしそういう便利なキャッシングも何の予備知識もなしに利用するのはお勧めできません。まずは知るべき事があるといえるでしょう。まずキャッシングはいくつも種類があります。

金融機関の種類

大きく分けて、消費者金融などのノンバンクのものと銀行が行っているものがあります。基本的には同じような仕組みですが、それぞれ規制している法律が違うので、違うところがあります。一番大きく違うのは借入額に対する制限です。

 

総量規制という制約

消費者金融などでは総量規制という制約があり、収入の1/3までしか借入が出来ません。しかし銀行では銀行の判断でそれ以上の借入額もありえます。また金利も違っている事が一般的です。多くの場合銀行は金利が安く、借入額が大きく出来るようになっています。この様に考えると、銀行だけで十分なように思えますが、実はそうではありません。銀行以外の種類があるのはそれなりのメリットがあるからなのです。一番大きいのは審査が通りやすいことです。そう考えると、利用できるのならジャパンネット銀行のような銀行キャッシングを利用するのが有利です。その審査が難しいようなら他の種類を考えるのが良いと言えます。