増額した方が使いやすいかも

横浜銀行カードローンや消費者金融のカードローンの利用限度額は、利用者の属性によって低く設定されることがあります。たとえば、キャッシングをするのが初めてという人だったり、他の貸金業者から既にキャッシングをしているという人が少なめにされる傾向があります。

 

消費者金融を利用するのが初めてということと、複数の貸金業者からお金を借りているということはまったく正反対に見えますが、貸金業者の審査担当者からすると、融資に際してリスクのある客ということで同じなのです。

 

限度額が5万円や10万円といった金額だと、少し借りてしまうとすぐに上限達してしまって、その後は返済しか出来ずに使い勝手が悪いです。利用限度額を上げてもらうためにはキャッシング枠の増額を申請する方法が一番簡単です。

 

申請の仕方ですが、貸金業者のウェブサイトか無人契約機で申し込む、あるいは実店舗まで行って直接申し込むという方法があります。一番簡単なのはウェブサイトから申請する方法で、希望額をフォームに書いて送信すると、増額の可否を決める審査が行われ、結果がメールなどで伝えられます。

 

また、わざわざ申請しなくても、キャッシングを何度も利用していると業者の方から限度額を上げられると通知が来ることがあります。